• TOP
  • >
  • 承継対策

財産承継

相続対策

営者個人の財産の承継にあたっては、後継者に事業用資産を集中させるとともに、後継者以外の相続人への配慮が欠かせません。また自社株式の評価額が高く、財産の承継時に多額の税負担を強いられることがあります。納税資金対策や株価対策が重要になります。

相続対策の詳細はこちら →

MBOコンサルティング

親族内に適任な後継者がいない場合には、MBO (Management Buyout) 等の選択が考えら れます。 MBOとは、会社の役員または従業員(1人の場合もあれば2人以上の場合もあ ります)が、事業の承継を前提に株式の所有者である経営者から株式を取得して経営権 を取得することを言います。

役員・従業員への承継の詳細はこちら →

M&Aアドバイザリー

昨今では後継者不足が深刻な問題となっています。このようなケースでは、親族以外への第三者への売却や、役員・従業員への譲渡が有効な手段となります。このためには、会社自体が魅力的な会社になる必要があります。現状での課題を抽出し、企業価値の向上を目指します。

他社への譲渡 M&Aの詳細はこちら →

廃業コンサルティング

廃業を検討されているお客様に対しては、会社にとって廃業が最善の選択肢なのかを検討するとともに、お客様にとって最良の方法をご提案致します。

 
弊社は「廃業」も社会の新陳代謝を促す上で、意義のある選択肢であると考えています。しかし、廃業の仕方がうまくなく、清算する必要のないものまで清算してしまう例も散見されます。
 
一例として下図のようなスキームで円滑な廃業に導く事ができます。承継すべき事業がある場合にはM&Aにより資金を確保して清算事業に対する借入金などを精算しオーナー様のご負担を軽減する施策を打ちます。
 

経営承継

企業価値向上対策

企業価値を上げるための計画立案を行い計画に基づいて実行のお手伝いも行います。その為事前のリサーチを行い事業を見直し戦略を検討致します。当該作業を貴社をご支援する体制で実施致します。

事業の受け継ぎの詳細はこちら →

人材育成対策

人材育成は、社内教育と社外教育に大別されます。社内教育はOJTと役職ローテーションにより実施します。社外教育は基本な財務スキル、業界スキルの習得は研修で行いますが、貴社コンピタンスの継承である社長ノウハウの継承は一番重要な内容になります。社長教育と位置付け帝王学の後継者継承を行います。

事業の受け継ぎの詳細はこちら →

経営者支援対策

営者の基本方針を明確にするためのお手伝いを行います。かつ方針を実装するための施策を行います。社長の事業承継問題だけではなく役員をサポートして底上げを図るご相談にも応じて参ります。

事業の受け継ぎの詳細はこちら →

予算統制・業務改善対策

予算の編成、統制はビジネスの基本ですが中々実施されていないケースが見うけられます。弊社では基本を確実に実施して結果として業務の改善に繋がる施策を打ちます。事業承継を始める前にもしくは価値向上の為に業務の改善を行う必要があります。その為の改善の計画、立案、実施をお手伝い致します。

ICT(Information and Communication Technology)の活用とは?

ICT(Information and Communication Technology)を活用して、事業の継続を支援するものです。財産承継は株や税務を対象としますが、ICTの活用は一歩前進させて事業をどう引き継いで行くかの課題に対応する為の施策の一つです。内容によっては継続の根幹になる部分でもあります。

 
最近の事例では「獺祭」を生み出した旭酒造様がITをうまく活用されたと言えます。杜氏がいなくなった酒造り事業をITを駆使し継続させることに成功されました。もちろんITだけでお酒ができる訳ではありません。しかし多くの場合、挫折してしまうような状況であってもITで技術移転ができる場合があることを示すには好例と言うことができます。

私どもは、ITの活用で移転可能な業務なども含めて、総合的にお客様と一緒に検討し対策を実施してまいります。
総合的な判断からの施策」が私どもと一般の事業承継会社様との違いとも言えます。
 
ご参考図書

職人がいなくなって事業ができない!に対応

中小中堅企業では、会社内の技術の継承をどうするかが、よく課題になります。確かにこれまでは、伝承の世界で人から人への技術の継承が必要でした。しかし最近ではロボットによる動作の継承も現実に可能になっています。ここ数年で驚くほどの技術進歩を遂げています。貴社の技術を人でないテクノロジーを使った解決方法で伝承させる事ができます。(出典記事:日経産業新聞2015年6月17日)